Sugar Blood

  ぶらり東北へ…2〜4日目は気仙沼へ
BlogやTwitterで何度か書きましたが、あたしのダンナの故郷は宮城県気仙沼市です。 
3月11日の東日本大震災では、大きな被害があった場所です。 
ダンナの家族は、幸運なことに命も家も車も無事でした。 
また、親戚もあたしが知っている人たちは、家や車を失いつつも命は助かりました。 

被害を受けた街を、見たくないなぁって思う気持ちもありました。 
でも、目を背けたってこれは現実であって、時間が戻るわけではありません。 
それなら、ちょっとでもこの街に縁のあるものとして、現実を受け止めよう。 
そう思い、ダンナと街に出てみることにしました。 

テレビやホームページでは見ていたけど、これほどのものとは… それが正直な感想です。 
どこを向いてもガレキの山、山、山。 
黒く焦げた船。ひっくり返った船。陸地に打ち上げられた船。 
それでも、街は着実に前を向いて、復興にむけて急ピッチで作業が進められていました。 
大きなトラックや重機が、街の至る所で忙しそうにしていました。 
聞けば6月からのかつおの水揚げに向けて、急ピッチで準備しているとか。 

何もなくなってしまった街。 
だけど、だからこそこれからどう復興していくのかを楽しみにしていこうと思います。

 

写真は、ダンナの従兄弟の実家跡。 土台だけを残し、あとはすべて海に持っていかれてしまいました。




にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ ←ランキング参加中!よろしければクリックお願いします♪
| 21:24 | - | comments(2) | trackbacks(0) |
現実を目の当たりにすると、つらいでしょうね。
でも、東北の人の、忍耐強さと、希望を失わない心には脱帽です。

あんなに美しかった、海岸も、いつか、これまで以上に美しくよみがえるでしょう。
そして、町並みも・・・
| Satomi | 2011/05/27 1:29 PM |


*さとみ姉
気仙沼は、とにかく漁業を復興しないと!ということで、前向きに準備が進んでたよ。
なんか、あんなメチャクチャになったのに、復興に向けて重機が忙しそうにしている姿が印象的だったよ。
| meg | 2011/05/29 8:47 AM |











この記事のトラックバックURL
http://blog.sugarblood.com/trackback/1089648



| Log in | RSS1.0 | Atom0.3 | ▲Top |
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.